ナナミリ

働き、学ぶ、おとなの成長メディア By 株式会社セブンエージェント

仕事で悔しい思いをした時の「成長チャンス」の見つけ方

f:id:iremonnet:20190814153746j:plain

仕事で悔しい思いをした時は成長のチャンスだ!

その悔しさをバネに成長するんだ!

 

なんて、スポ根アニメみたいなセリフ。

ちょっと暑苦しいですね・・・^^;

 

ですが、実際に仕事で同じ事を思う場面が何度もあります。

  

悔しさの真っ只中にいるときは「成長のチャンスだ」なんて冷静に考えることはできないかもしれません。

しかし、ある方法で「悔しさ」を成長のチャンスに変えていけるのです。

 

 

「悔しさ」を成長チャンスに変えるヒント

成長チャンスのポイントは、「なぜ」という言葉です

 

「悔しい!」と感じた時「なぜ悔しいのか?」を考えたことはありますか?

 

私が仕事で悔しいと感じる場面は…

  • 上手な文章に出会った時
  • アイディアがボツになった時
  • 自分の書いた文章をダメ出しされた時

 

「悔しい」と感じたら…

  • 次は私が勝つ
  • 悔しいけど負けを認めよるしかないか
  • あ〜悔しい・・・ただただ悔しい

 など、感情を消化することに必死で頭を使っていました。

 

しかし、それだけでは「もったいない」ということを教えてもらったのです。悔しがっているだけではなく「なぜ?」と自問自答してみると、いろんな学びを拾うことができるからです。

 

「なぜ?の使い方」と「学びの拾い方」

f:id:iremonnet:20190814155517j:plain

仕事の中で「 悔しい」と感じたら「なぜ?」と使いましょう!

使い方は簡単です。

  1. 何が悔しかったのか冷静に考えてみる
  2. 特にどの部分が悔しさの原因なのか考える
  3. 2に対して「なぜ?」を使います

 

2と3を繰り返します。とにかく自分が「悔しい」とか「これはすごい」とか、なんでもいいのですが「心が動いた」ことについて「なぜ?」と深掘りしてみてください。

 

その自問自答の答えを拾い集めることが学びとなり、成長に繋がるのです。

 

<具体例>

具体例を挙げて説明して見ます。

私の場合、上手な文章に出会った時「上手すぎて、悔しい」と思うことがあります。

そんな時は、なぜ?を以下のように使います。

 

  1. 何が悔しかったのか冷静に考えてみる
    →上手い文章に対して、どう思ったかを考えます。
    (例)読みやすい文章構成と心に届く優しい言い回しに「自分は思いつけなかった」と思い悔しかった。
  2. 特にどの部分が悔しさの原因なのか考える
    →いいと思った文章の「どの部分」が特に上手いと感じたのか考えます。文章にマーカーを引いたり、抜き出して書いてみるのもいいでしょう。「上手い」と感じたポイントを自分なりに洗い出ていきます。
  3. 2に対して「なぜ」を使います
    →洗い出した部分について「なぜよかったの?」かを考えます。
    (例)「〜くださいね」という文末の柔らかい表現が文章全体の印象を優しい印象にしているかもしれない。

などと考えてみるのです。

 

このように、自分の心が動いた「理由」を「なぜ?なぜ?」と深掘りしていくことで、悔しさをただ消化しようとしていた時より学びを得ることができるのです。

 

今回は「悔しい時」と限定しましたが、どんな感情にも応用できるのではないかと思います。

 

この「なぜ?」という言葉は、いろんなことを学びに変えるヒントを得るための合言葉だと思います。

 

「なぜ?」は社長が教えてくれた方法だった

f:id:iremonnet:20190626122613j:plain

この考え方を教えてくれたのは社長でした。

 

あるひ、私は上手く文章が書けずに悩んでいました。そんなタイミングでとても上手い文章を読んでしまったので、悔しくて、上手く書けない自分が嫌になりました。その事を社長に話したのです。

 

その時に言われた話が、今回の「仕事で悔しい思いをした時の「成長チャンス」の見つけ方」の元になっています。

 

社長は私に言いました

「嫉妬して、ハンカチ噛んで、くやしいって思ってるだけじゃあかん。そこから学んで、自分にどう活かせるかを考えないいと、悔しがってるままじゃもったいないし、何も変わらないよ」と。

 

"なぜ " いいと思ったのか、" どの部分 " がいいと思ったのかなぜ?なぜ?と分解していって、その人がどんな工夫をしているのか考えてみる。その方が悔しがってるだけより、得るものがあるでしょ^^?」と。

 

その話を聞いて以降、悔しがってるだけじゃなくて「なぜ?」と考えるように少しずつ思考を変えていけるようになりました。

 

学び、成長する「仕事の時間」

f:id:iremonnet:20190814155105j:plain

悔しいけど、上手い文章を書く人は星の数ほどいます。いつも「うわ、この表現うまいなー自分はまだまだだなー」と思う事ばかりです。

 

でも、素敵な文章を、ただ憧れの存在にするのか、「なぜ?」「どうして?」「どうやって?」と常に考え、技を自分の一部にしていくのか。

どちらを選ぶかで成長チャンスは変わってくると思います。

 

「なぜ?」という言葉は、もしかしたら私のような負けず嫌いの特性を活かす魔法の言葉かもしれません♪

 

悔しさだけでなく、自分の心が動く全てのことに「なぜそう感じたのか」と分解していくと学びがたくさん転がっているなと思います。

  

「なぜ?」という言葉ひとつで、自分を育てていけるかもしれない。

 

それが最近の学びです。

 

<今日のライター>

株式会社セブンエージェント

名前:せーちゃん

twitter@sechan_yellow

webhttps://www.sevenagent.co.jp/

最近、仕事でよく使う!定番「フリー素材」サイトまとめ 【広報 編】

f:id:iremonnet:20190724185409j:plain

仕事で「フリー素材」を使うことがありますか?

私はよく使うフリー素材サイトをブックマークし、いつでも使えるようにしています。

 

お仕事でのフリー素材を使うシーンは?

  • 企画書
  • プレンゼン資料
  • 記事サムネイル
  • チラシ作成

 

写真やアイコン、背景パターンなど、企画書やプレゼン資料を見やすくするために使うこともあれば、記事サムネイルやチラシ作成など広報の仕事でも活用することが多くあります。

 

今回は、最近よく使っているフリー素材サイトをご紹介します。

 

写真

写真は、ブログのサムネイルでよく使います。

他にも、ビジュアルイメージを探すために活用するのもオススメです。

「こんな雰囲気の写真を使いたい」と制作側に頼む際など、他者との認識の共有には視覚的なイメージはとても有効です。

 

Unsplash

クオリティの高い写真を探すことができる海外のサイトです。
ビジネスシーンや風景写真を使うことが多いです。

 

 

unsplash.com

・商用利用:可能
・クレジット表記:推奨

 

Pexels

こちらも海外のフォトサイトです。

優しい色合いの写真が多い印象で、最近よく使っているサイトです。

ナナミリ のサムネイルもこのサイトの写真が多いです♪

 

www.pexels.com

・商用利用:可能
・クレジット表記:不要

 

 

イラスト・アイコン

イラストやアイコンは、企画書やプレゼン資料の作成、お客様への季節の挨拶状に添える挿絵などによく使います。

 

ヒューマンピクトグラム

簡単なサムネイルや、企画書のアイコンに利用することが多いサイトです。

データのダウンロード形式が複数選べるようになっています。

とにかく種類が豊富なので、簡単な素材はここで探すことが多いです。

 

pictogram2.com

・アカウント登録:不要
・ダウンロード:無料

 

icon rainbow 

シンプルなアイコンが多く、資料作成時によく使います。

こちらもダウンロード形式が複数あるので、JPG形式でダウンロードして、パワーポイントに貼り付けています。

 

icon-rainbow.com

 

 

フリー素材のサイトは、たくさんあると思います。

サイトそれぞれに「ポリシー」がありますので、使用前に必ず確認しましょう。

・商用利用は可能か
・クレジットの表記は必要か
・改変可能か

確認は必須です♪

 

ルールを守れば無料で使えるので、ぜひ活用してみてください^^

 

<今日のライター>

株式会社セブンエージェント

名前:せーちゃん

twitter@sechan_yellow

webhttps://www.sevenagent.co.jp/

ポケモンGOが自社サービスの参考に?<マーケティング視点で有名サービスを考察してみた 後編>

f:id:iremonnet:20190723095210j:plain


前回、ポケモンGOマーケティング視点で考察しました。

今日はその続き!後編をお届けいたします ♪

 

前編はこちらから

 

目次

 

 

前回のおさらい

私が今回、ポケモンGOを考察する理由は、自社サービスの参考のためです。

自社サービスについて考えていると、他社サービスがどうやって「世の中に愛されるサービス」になったのかが気になって仕方ない!知りたい!と思い始めました。

 

6つの考察ポイント

  • 誰が使っているのか(誰の心を捕らえている?)
  • サービスの特徴は?
  • 多くの人にウケた理由
  • どうやってユーザーを増やしたのか
  • どんなUIなのか
  • ファンが離れない理由

これらをもとに、ポケモンGOについて考察していきたいと思います。

 

考察スタート♪(後編)

ユーザーを増やす仕掛け

ユーザーを増やす効果的な仕掛けは、どのサービスにも大切だと思います。

ポケモンGOの場合「フレンド機能」が効果的にユーザーを増やしていったと考察しました。

リリースされた2016年、最初に使い始めたユーザー層は、「ポケモンのアニメ・ゲームのファン」や「新しいもの好き」のユーザーだったでしょう。

しかし現在のユーザー層はどうでしょうか?

アニメやゲームを知らない世代の人や、ファンではなかった人ポケモンGOで楽しんでいます。

このようなユーザー層の広がりを後押ししたのは「フレンド機能」だと考えます。

では、どのように幅広いユーザーに効果的にアプローチできたのでしょうか?

 

f:id:iremonnet:20190723095201j:plain

フレンド機能の効果

1、フレンド追加ミッション

ポケモンGOには「ミッション」が存在します。毎日達成できるような簡単なミッションや、数日は掛かる少し難しいミッションがあります。

指定されたポケモンをゲットしたり、交換したりすることでミッションクリアとなり報酬が貰えます。

 

<ここからがポイント!>

ミッションの中には「◯名とフレンドになる」というフレンドを増やす仕掛けがあります。これは、ユーザーを増やすポイントの1つではないでしょうか?

 

ポケモンGOは、段階を踏んだユーザー体験をさせるのも上手だなと感じています。

「フレンド追加ミッション」は急に出て来るわけではありません。

最初のミッションは、とても簡単なものが用意され、クリアする楽しさミッションの仕組みをユーザーは自然と体験できるのです。

そして、慣れた頃に少し難しいミッションとして「フレンド追加ミッション」が出てきます。(私の記憶が正しければ、最初のフレンド追加ミッションは、「3人とフレンドになる」だったと思います。)

 

このミッションをクリアするために、ユーザーはどのような行動をすると思いますか?

私の考察では、すでにポケモンGOをやっている友達を探すか、身近な人に新規登録を頼むのが主流なのではないかと考えました。

 

新規登録を誰かに頼む場合、一番頼みやすいのは

  • 家族(父、母、兄弟)
  • 友達
  • 会社の同僚

などの身近な人ではないかと考えました。

 

街でポケモンGOをする人たちを見ていると、ユーザーの年齢層は様々です。ポケモンを知らない世代の方は、お子さん・お孫さん経由で始めた方も多いのではないでしょうか。

 

2、フレンドのステータス

ポケモンGOは、フレンド機能を楽しむ仕掛けとして「ステータス」があります。

4段階の仲良し度があり、仲良し度が上がると報酬がレベルアップするので、フレンドを増やすメリットにもなっています。

 

3、フレンド追加で様々なメリットがある

フレンドを増やすと様々なメリットがあります。

  • 一緒にバトルに参加することで報酬UP
  • ポケモン交換のミッション時はフレンドが必要
  • フレンド追加ミッションのクリア(前述)

など、複数のメリットがあることは「フレンド追加」の必要性をユーザーが認識することにつながります。フレンド追加が絶対必要な状況をうまく作ることでユーザーが増えていったのではないでしょうか。

 

f:id:iremonnet:20190723100350j:plain

飽きさせない仕掛け

ポケモンGOのユーザーの増加は、アクティブユーザーがとても多いそうです。ここには、ユーザーを飽きさせない仕掛けがあると考えます。

 

アクティブユーザーが多い理由 

  1. ポケモン実装のペース
  2. 高い頻度でイベント開催
  3. 色違い初実装で再びイベント化

 

全807種類いるポケモンのうち、ポケモンGOで実装されているのは国内493匹だそうです。

3年かけて少しずつ増やし、期間限定でなかなか手に入らないポケモンも多くいます。また、色違い 花飾りを付けているパターンなど、同ポケモンでもパターンを変えて何度もイベントに登場させています。

これは、ユーザーの”コレクション心” を上手くくすぐる仕掛けだと思います。

 

「持っていないポケモンはゲットしたい」

 

 そう思わせる仕掛けが途切れることなく更新されているのは、アクティブユーザーが多い理由の一つではないかと考察しています。

 

時間をかけて、ゆっくりとポケモンを実装することで、アクティブユーザー の長期化に成功しているのではないかと思います。

 

最後に

前半と後半に分けてお送りした、ポケモンGOの考察いかがでしたでしょうか?かなり個人的な考察になってしまいましたが、ポケモンGOという有名なサービスには様々な仕掛けがあることが考察してみて改めて気づけたと思っています。

  • ユーザー簡単に使い始めれること
  • 使い勝手がわかりやすいこと(UI、UX)
  • 既存ユーザーから新規ユーザーを増やす仕掛け
  • 使い続けたくなる楽しい仕掛け

など、いろんな視点で見ることができたと思います。

この考察が誰かの役に立つのかはわかりませんが「こんな考察もあるんだ」と思っていただけたら嬉しく思います!

今後も、自分の成長のために考察していきたいと思います。

 

感想などありましたら、気軽にコメントください!

現在考えている自社サービスについても、良いお知らせできるように頑張りたいと思います♪

 

 

.. 今日のライター ..

株式会社セブンエージェント

名前:せーちゃん

twitter@sechan_yellow

webhttps://www.sevenagent.co.jp/

ポケモンGOが自社サービスの参考に?<マーケティング視点で有名サービスを考察してみた① 前編>

f:id:iremonnet:20190718113309j:plain



ポケモンGOというスマホゲームを知っていますか?2016年に初リリースされてからニュースで取り上げられる事も多く、知っている人も多いのではないでしょうか。

 

ポケモンGOは、今年3周年。記念イベントも世界で開催する程賑わっています。

 

そんな私も、昨年(2018年)の12月にポケモンGOを始めました。あっという間にヘビーユーザーと化し、毎日毎日ポケモンGO!暑くても寒くても歩き回っています。

 

どうしてこんな話をしているのか?

なぜポケモンGOの話をしているかというと、約2ヶ月前に社内で始動したプロジェクトがありまして、その参考にしたのが「ポケモンGO」でした。

きっと自社のサービスの参考にするなら他の似たようなサービスの方が良かったかもしれません。

しかし、まだまだマーケティングを知らない私には「身近なところから」考え始めてみることの方が意味がありました。

 

身近なことに置き換えて考えると、途端に理解できた経験ありませんか?その原理を利用したというわけです♪

(本当はポケモンGOについて語りたかっただけでしょ?なんて声が聞こえてきそうだな。ボソボソ)

 

そのような経緯で、今回、ポケモンGOが自社サービスの参考に?<マーケティング視点で有名サービスを考察してみた① 前編> を書いています。

 

まずは、今回の考察のポイントを見ていきましょう。

考察のポイント

私が考察をする理由は、自社サービスの参考のためだとご説明しました。

自社サービスについて考えていると、他社サービスがどうやって「世の中に愛されるサービス」になったのかが気になり始めました

その気になった点が、今回の考察のポイントです。あくまでも独自の考察ポイントですので、参考程度に見ていただけたらと思います。

 

今回の考察ポイントは6つ

  • 誰が使っているのか(誰の心を捕らえている?)
  • サービスの特徴は?
  • 多くの人にウケた理由
  • どうやってユーザーを増やしたのか
  • どんなUIなのか
  • ファンが離れない理由

これらをもとに、ポケモンGOについて考察していきたいと思います。

 

考察スタート♪(前編)

老若男女問わず楽しめるポケモンGO

街でポケモンGOをしていると、幅広い年齢のユーザーに驚きます!

80才くらいのおばあちゃまを、見かけたこともあります。

どういう経緯で始めたのか、めちゃくちゃ気になりますよね!

 

なぜこんなにも幅広い世代のユーザーがいるのかを考えて見ました。

ポイントは3つあると考えました。

  1. 分かりやすい世界観
  2. シンプルなUI設計
  3. 三世代の心を掴む

 1つずつ詳しく説明していきます!

 

分かりやすい世界観

ポケモンGOがどの世代にも人気な理由の1つに、世界観が分かりやすいからではないかと考えました。一言で理解できるシンプルさがあります。

 

ポケモンGOの世界は、”歩いて 出会ったポケモンを捕まえる "というシンプルな世界です。

 

これは結構重要だと思っていて、

何も知らなくても、なんとなく理解できて、ゲームを始められる んです。

 

この分かりやすさが多くの人に広まった理由の1つなのではないかと考えています。

  

もちろん既に「ポケモン」が国民的に人気のアニメだという大前提があります。

それでも、アニメやゲームをしらない世代でも楽しめているのは、ポケモンGOの世界観の分かりやすさかなと思います。

 

シンプルなUI設計

ポケモンGOポケモンを捕まえる」という最低限の機能でも最初は十分に楽しめます。その点が、ユーザー獲得に大きく貢献している考えます。

 

最初にやることは、マップに出てきたポケモンを捕まえること。最低限必要な楽しむ要素です。そのUIがとてもシンプルなんですね。

最初はこれだけ!

そのあとに、フレンドやプレゼント交換、ミッション、アイテム収集など様々な機能を体験させ、慣れてきた段階でレイドバトルにも参加できるレベルになる。

 

このユーザー体験の過程が上手いな〜と思います。

 

ポケモンGOに初めてログインした時、まずはポケモンを捕まえる楽しさ」を分かりやすいUIで体験させることができたことは、幅広い世代のユーザー獲得に大きく貢献しているのではないでしょうか。

 

三世代の心を掴む

ポケモンの初代ゲームが発売されたのが1996年。

 

当時の子供たちは、現在 20代後半〜30代

当時の子育て世代は、現在 50〜60代ではないでしょうか。

 

そして、その当時の子供たちは、現在子育て世代

現在、その子供たちはアニメやゲームでポケモンに親しんでいます。

 

これらを考えた時、ポケモンGO

この三世代を巻き込むことができたのです。

 

そして、幼少期にポケモンは存在しなかったが、子供の影響でポケモン知っている世代を巻き込めたのは、前述した「分かりやすい世界観」と「シンプルなUI設計」が大きく影響しているでしょう。

 

後半の考察の目次

かなり考察が長くなりましたので、続きは次の記事で語りたいと思います!

後半は、 

  • 飽きさせない仕掛け
  • ユーザーを増やす方法
  • "ウケ”のポイント

を考察いたします!お楽しみに♪

 

 

.. 今日のライター ..

株式会社セブンエージェント

名前:せーちゃん

twitter@sechan_yellow

webhttps://www.sevenagent.co.jp/

オウンドメディアの「豆知識」と「1番大切な目的」

本日は、「オウンドメディア」についての豆知識と、オウンドメディアを始めてみて思った「1番大切な目的」についてお話します。

 

オウンドメディアとは? 

メディアの定義と種類

メディアとは、情報の記録・伝達・保管に用いられるモノや装置(テレビ、ラジオ、新聞、ブログ、webサイト、雑誌、新聞など)です。

 

そして、企業がマーケティングに使う代表的なメディアの種類は3つ

  • オウンドメディア(所有メディア)
    自社ブログ、自社公式サイト、ECサイトなど
  • ペイドメディア(有料メディア)
    新聞広告、雑誌広告、テレビ広告、リスティング広告など
  • アーンドメディア(獲得メディア)
    FacebookTwitterInstagram、口コミサイトなど

3つのメディアを、トリプルメディアと言います。この3つのメディアは、それぞれ特徴が異なります。目的に合わせて使い分けることで、より効果的な情報発信ができるようになります。

f:id:iremonnet:20190711163536j:plain



オウンドメディアとは?

「オウンドメディア」とは「所有する媒体」という意味です。

その名の通り、企業や組織が所有しているので「社内」で管理・編集・投稿など全てコントロールできます。

 

  • 自社ブログ
  • 企業webサイト(コーポレートサイト)
  • 企業パンフレット
  • 自社発行の広報誌

などがオウンドメディアです!

 

企業の想いを世の中に伝える手段として、多くの企業がオウンドメディアを通して、世の中とコミュニケーションをとっているんですね^^

 

オウンドメディアと聞くと難しく聞こえますが、小さなところから始めることができます!無料ブログを開設し、企業の想いを発信すればもうそれは「オウンドメディア」です。

 

大切にしている目的とは?

f:id:iremonnet:20190711173733j:plain

オウンドメディアの概要は、どこにかで調べればもっと詳しく知ることができます。

ですので、私がオウンドメディアを作って感じた想いをちょっとだけお伝えして終わりにしたいと思います。

 

オウンドメディアの概要を読むと「どの媒体でブログ始めよう」「webサイト作らなきゃ」「〇〇しなきゃ」と考え始めると思います。私もそうでした!

でも、そればかりを考えていると楽しくなくなっていきました。「まだ見ぬお客様に想いを知って欲しい」というシンプルな動機で始めたはずなのに・・・と。

 

ですので、これからオウンドメディアを始める方や、始めたけど迷っている方は、「想い」を大切にしてみてください。

 

目的のためにコンテンツを増やすことも必要ですが、ちゃんと「自社の想い」も表現することを忘れず、運営していくことをおすすめします^^

そのほうがきっと、心のこもったコンテンツが増えていくと思います♪

かなり個人的な意見にはなりますが、誰かの参考になれば幸いです。

 

最後に「無料ブログ」や「webサイト作成」サイトなども、今後ご紹介できたらいいなと思っています!誰かのお役に立てるような情報もどんどん発信していきます♪

 

 

.. 今日のライター ..

株式会社セブンエージェント

名前:せーちゃん

twitter@sechan_yellow

webhttps://www.sevenagent.co.jp/

広報1年生が考える「知識が身につくタイミング」〜自分ニーズと情報のマッチングとは〜

f:id:iremonnet:20190708163833j:plain

自分ニーズに気づいて「本を選ぶ」

まず始めに、「自分ニーズ」とは「自分が必要と感じている情報(こと・もの)」のことです。(私が勝手に「自分ニーズ」と呼んでいます^^;)

 

広報になりたての頃、自分ニーズが何か分からないまま読書をしていました。

「広報の仕事」とか「マーケティング最前線」みたいな本も読みました。

だけど、なぜかピンときませんでした。「広報」とタイトルにつくものは片っ端から図書館で借りてパラパラとめくっては、読んだ気になっていただけでした。

 

今考えると、それは「自分ニーズ」が生まれていなかったからだと思います。

 

ニーズのないところに、情報を入れようとしても定着しないし、記憶に残らなかったのかなと。(もっと言うと、脳が情報を拒んでいたかもしれません。笑)

 

なので、読書は「自分ニーズ」に気づいた時にするのが1番いいと思います。仕事に活かしたい本は特に。

 

「必要としている情報を自分とマッチングする」つまり「必要だと感じた時に素早く情報を手に入れる」ことが、知識が身につくタイミングなのではないかと思います。

 

広報なりたての私のように「この本を読む"べき"」とか「読まなきゃ」という気持ちで選ばず、自分ニーズを感じ取り「この情報が今の自分に必要だ!」という本を読むように、最近はしています。

 

「自分ニーズ」と情報のマッチ度 を考えて本を選ぶと本がスイスイ読めるのでオススメです^^

 

そんな私が、今週「自分ニーズ」とマッチすると思った本を紹介して今日は終わりにしたいと思います。本はまだ読んでいないので、感想はまた今度!

 

今週の「自分ニーズ」にマッチした本

f:id:iremonnet:20190708140551j:plain

 

<写真 左の本>「ビジネスモデル見るだけノート」

自分ニーズ:新しいサービスの仕組みを考えているので他社を参考にしたい

マッチした情報(本):ビジネスモデル見るだけノート

この本を選んだ理由:現在考えている新サービスの課題と照らし合わせて読むことができると思ったから。「新サービス」のアイディアはないかな?と、「拾う意識」で読めると思いました。また、イラスト付きで世の中のビジネスモデルがわかりやすく紹介されているので、私の今のレベルでも理解できると思ったので選びました♪

 

<写真 右の本>「考えるシート / 山田ズーニー

自分ニーズ:仕事をする中で対話や文章表現など「伝え方」をもっと工夫したい

マッチした情報(本):考えるシート / 山田ズーニー

この本を選んだ理由:コミュニケーション(対話も文章も両方)をシュチュエーションごとに考えるワークシート形式が面白そうだったから。また、目次を見たときに、よくあるシュチュエーションで「考える」ことができる内容だったから。

 

両方とも、今読むことで身につく情報だと思って選びました!頭に入らない、何も残らない読書より、自分ニーズにマッチする読書を今後も続けたいです。

 

本のレビューもまたやっていきます^^

 

最後まで読んでくださりありがとうございました♪

 

 

.. 今日のライター ..

株式会社セブンエージェント

名前:せーちゃん

twitter@sechan_yellow

webhttps://www.sevenagent.co.jp/

自社パンフレット企画・デザイン裏話|デザイナーおすすめアプリ紹介

こんにちは!「ナナミリ」の運営をしております、株式会社セブンエージェントのせーちゃんです!

 

先日、弊社のパンフレットが届きました!じゃ〜ん✳︎ 

みなさん、このパンフレットを見て弊社が「何の会社」だと推測しますか?(^。^)

f:id:iremonnet:20190704103728j:plain

 

 実は、ITコンサルティングの会社です。

 「なんかITっぽくない」と思いましたか?そう思ってもらえたら本望です!

なぜなら、そこが弊社の理念に通じているからです。

 

株式会社セブンエージェントの想い

f:id:iremonnet:20190704103719j:plain

ちょっと真面目な話をします。弊社の大切にしている想いについてです!

 

弊社はITコンサル会社ですが「システム屋」「デザイン会社」と思われがちです。それは実際に制作もしているからで、間違ってはいません。しかし、そう名乗っていません。それは、制作は手段であり目的ではないからです。

 

本来、システムを作って欲しいというお客様の根底には「ビジネスの悩みを解決したい」「もっとビジネスを発展させたい」という想いがあります。その先には、お客様のサービスを使う「誰か」の喜びがあったりします。

 

お客様が「作って欲しい」ものが、本当にビジネスの発展に最適なものなのか、他にもっと良い手段はないのか?と、共に考え見極めることを大切にしています。

 

三者の目線で、常に考え最適な提案をすること。そして、必要なシステムなどがあればお作りし、しっかり運用していけるかを検証していきます。導入後も課題を見つけ、修正・検証・運用を繰り返していく。

 

まさにお客様と「共に」ビジネスを育てていくイメージです。

これが、弊社が創業以来、大切にしていることです。

 

こういった想いが今回のパンフレットの随所に散りばめています。

 

今回、パンフレットのライティングを担当し、弊社の想いを改めて形にできたことはとても良かったと思っています。企業の想いを伝える形は、webサイト や パンフレット などたくさんあると思いますが、直接お会いした方に渡せる「企業の名刺」として、パンフレット作って良かったなと思いました♪

他社様でパンフレットの作成を考えている方の参考になるような記事も、改めてかけたら良いなと思います。

 

〜最後に、ここだけの話 と アプリ紹介〜

実は、表紙の手書き文字は、うちのデザイナーが書きました!!

 それを聞いた時はビックリしたし「めっちゃ雰囲気でてる!」と感動しました。

 

どうやってやったの?と聞いたら

紙に書いた文字をスマホカメラで取ってデータ化したんだそう!

なにそれ、すごっ(°▽°)(私が無知なだけかもしれないけど・・・)

 

しかもめちゃくちゃ綺麗にデータ化されるもんだから驚きです。

 

弊社のデザイナーは「ぺんてる サインペン」で書いて「Adobe Capture」というアプリで写メって取り込んだそうです!(Adobe illustrator と連携することでアウトライン化されたデータが取り込めます)イラレをよく使う人には嬉しい機能ですね♪

 

ぺんてるのサインペンは本当に書きやすいのでオススメです!

私、文具マニアでして、全色もっています・・・( /^3^)/

 

弊社のデザイナーは、手書き文字のスキャンにオススメのペンとしてネットで紹介されていたのを見て購入したそうです!

 

スキャンアプリは他にもいろいろあると思いますが、スキャン向きのペンってなかなかニッチな情報ですよね(笑)細すぎたらアウトライン化しにくいし、硬いペンだと上手に字が書けなかったり。その点「ぺんてる サインペン」は硬すぎないペン先が筆圧の強弱もつけやすく、綺麗な字が書けます。

デザインで「手書き文字」を使いたい方は、参考にしてみてください^^

ペンは100円程で購入できます♪

 

ぺんてる サインペン

f:id:iremonnet:20190704155823j:plain

Adobe Capture

f:id:iremonnet:20190704155943j:plain

 

真面目な話からアプリの紹介と、たくさん書きましが最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

.. 今日のライター ..

株式会社セブンエージェント

名前:せーちゃん

twitter@sechan_yellow

webhttps://www.sevenagent.co.jp/